2016年12月28日

年末のご挨拶

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。


本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
来年も更なる発展、飛躍に向けて、従業員一同、より一層の努力をしてまいりますので宜しくお願い申し上げます。


来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。


DSC_0541.JPG

logo.gif




posted by トップエンジニアリング株式会社 at 13:36| Comment(0) | その他

2016年05月11日

擁壁工(軽量盛土工法(EPS))の設計の仕事をいただきました

横浜市西区西土木事務所様より擁壁工設計の仕事をいただきました。

設計箇所は、急傾斜地崩壊防止区域に指定されており、「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」の施行により行為の制限が定められており、制限されている行為を行う場合には、都道府県知事の許可が必要でした。

擁壁工の計画箇所が急傾斜の上端部であったことより、一般的な「重力式擁壁工+背面盛土」で復旧した場合、現況よりも重量が増加するため、不適当と判断しました。
急傾斜地に悪影響を与えない方法として、擁壁背面の盛土部の重量増加を防ぐために、発泡スチロール土木工法である軽量盛土工法(EPS)を計画しました。

EPS工法とは…
大型の発泡スチロール(EPS)ブロックを盛土材料として積み重ねていくもので、材料の軽量性、耐圧縮性、耐水性および積み重ねた場合の自立性等の特性を有効利用する工法です。

メリットとしては、大型建設機械を必要としないため、重要構造物への近接施工、周辺環境などへの配慮が緩和されることです。また地盤処理や仮設工事なども簡略化でき、工期の短縮が図れます。



1.JPG


2.JPG




logo.gif




posted by トップエンジニアリング株式会社 at 15:19| Comment(0) | 道路

放置自転車置き場の設計の仕事をいただきました

横浜市西区西土木事務所様より、放置自転車置き場の設計の仕事をいただきました。

設計箇所が臨港幹線道路敷の一部であり、道路構造物に影響をあたえる事はできないので、切土盛土等による地形への変更が無いように、現地形を利用して設計しました。
また、自転車運搬用のトラックが出入りするため、敷地内に駐車スペースを確保した上で、駐輪台数をより多く確保できる割り付けとしました。

管理棟設置に伴う建築確認申請、管理棟用浄化槽設置の設計等も合せて行いました。


管理棟設置に伴う調査写真
管理棟設置に伴う調査.JPG


管理棟設置完了写真
管理棟設置.JPG


浄化槽設置完了写真
浄化槽設置.JPG



logo.gif




posted by トップエンジニアリング株式会社 at 11:59| Comment(0) | 道路